包茎の悩みを抱える最近の若者

包茎の悩みを抱える最近の若者

若者の間で早漏や包茎のお悩みを内面に抱く方が増えて来ました。その背景に存在するのは、性教育の欠如だと言われています。

ネット等の普及により、性的な情報が氾濫しているように感じる今日ですが、それはあくまでポルノ関連の情報であり、ペニスの正しい洗い方といった助言は殆どアップされていません。

また過度に性的な情報を制限する保護者やメディアも多く、中高生の間に経験しておくべき、自慰行為やペニスの皮を剥く作業を、全く知らずに成人を向かえる若い層が増えたのです。

思春期の頃にペニスの皮を剥くのは痛みが伴う、言わば不快な行為ですが、自慰や性教育を通じて、そういった経験を積む事で未来の包茎を未然に防止出来ます。
かつては良し悪しを別に、村社会全体で性教育を施す文化があり、周囲の大人や親兄弟を通じて、それとなく子どもたちも自慰やペニスを剥く行為を学びました。

現代においては、そういった行為がタブー視されており、性教育の知識自体に触れる機会が激減しています。
いわゆる保健体育の授業も、学校によっては形骸化しているのが実情です。

ただ若者の包茎が社会問題になったため、嬉しい現象も起きています。
手軽に包茎治療を依頼出来るクリニックが増加しており、急増した若者の包茎患者に対応出来る環境が整っています。


包茎手術鹿児島のTOPへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ