包茎の悩みは誰に相談するべき

包茎の悩みは誰に相談するべき

包茎のお悩みを相談するべき相手は、パートナーと医師です。
パートナーがいる場合は、包茎は自分だけのお悩みとは言えなくなります。

夜の生活に影響してくることなので、二人でよく話し合っておく必要があります。
包皮を被っている状態は不潔であり、病気の原因になることもあります。

亀頭が痛がゆくなる包皮亀頭炎のリスクも高くなります。
臭いの問題もあり、パートナーに迷惑をかけているかもしれません。
相手は気にしていないと言っていても、本心はどう考えているかわかりません。
一度、二人で本音で話してみる必要があるでしょう。

パートナーに話したあとは、今後は医師に相談するといいです。
すべての包茎が治療必須というわけではなく、治療をしなくても特に問題のない症状もあります。
包皮を簡単にむくことができて、シャワーで問題なく洗浄できるなら大きな問題ではありません。
治療をしたほうがよいケースは、生活において支障が生まれる場合です。

包皮が痛くてむけないためシャワーで洗浄できない、包茎が原因で早漏を引き起こしてしまう、などのお悩みがある場合は治療が必要だと言えます。
医師と相談をしてみて、治療するメリットについて聞いておくのもいいです。

アドバイスを受けるうちに、考えが変わることは多いものです。


包茎手術鹿児島のTOPへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ