包茎手術を受けたあとに起こる勃起不全

包茎手術を受けたあとに起こる勃起不全

包茎でお悩みの人が手術を受けたときに、人によってはそのまま勃起不全になってしまう人もいます。

勃起不全には機能面で問題がある器質性EDと、プレッシャーや緊張によって生じてしまう心因性ED、その両方の症状が混合した混合性EDというのがあります。

包茎手術後にEDになってしまう人に多いのは、心因性EDだと言われ、完全に勃起しないのでなく立ち具合が悪くなったりすることが多く、それは機能面ではなく心因性によるものだとされています。

術後にEDになってしまう原因として考えられるのは、包茎は改善できたものの、傷跡が残ってしまったりツートンカラーになってしまったりなど、手術結果に満足が行かず、それによって女性に悪く思われるのではないか、あるいはそれがコンプレックスとなってEDの症状として現れるのが要因と考えられます。

包茎手術後の心因性EDのほとんどは、見た目の不格好さによるものなので、EDを治すには包茎手術を受けた病院と別のクリニックで再度見た目を改善する手術を受けることをおすすめします。

傷跡がなくなったり目立たなくなれば、同時にEDの悩みも回復すると思われます。
しかし、その場合には多少費用が高額になってもきちんと綺麗に見た目を仕上げてくれる、治療実績の高いクリニックを選ぶようにしましょう。

包茎手術鹿児島のTOPへ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ